一人暮らしの掃除機選び。makita:CL107FDSHW

こんにちわ。せなです。先日、makitaの充電式掃除機を購入しました。これが本当に良かったので紹介したいと思います。

充電式クリーナ CL107FDSHW

makitaのCL107FDSHWバッテリー充電器付、高機能ダストバッグ、サイクロンアタッチメント、じゅうたん用ノズル、山崎実業のクリーナースタンドを購入しました。

スマートな形状、真っ白な清潔感のある掃除機です。ノズルの途中に付いている青色の部品が別途購入したサイクロンアタッチメントです。買うまでは色が強いかなとも思いましたが、実際に付けてみると爽やかな色で良いアクセントになっています。山崎実業のクリーナースタンドもミニマムな形状。サイクロンアタッチメントを意識したデザインとなっています。価格は全部で20,896円でした。

無印良品とmakita

仕事率、デザイン、手軽さを重要視して掃除機選びをしました。アパートは1LDKなので、makitaのCL107FDSHW、無印良品の掃除機(コードレススティッククリーナー)の2種類で悩みました。どちらとも店舗で実際に使用してきて、性能も比較して最終的にmakitaにしました。大きな要因は充電時間と吸引力(仕事率)です。

makitaはフル充電まで22分、無印良品は4時間でした。稼働時間はmakitaがパワフル:10分、強:12分、標準25分に対し、無印良品がターボ:18分、標準:30分です。ほぼ同じ可動時間ですが、makitaの充電時間は圧倒的でした。仕事率は無印がパワフル:32W、強:20W、標準5Wに対し、無印良品がターボ:28W、標準:15Wです。

ダストバック

ゴミの捨て方は紙パック式ですが、消耗品として紙パックを買わなくてもダストバックを入れることで、洗って何度も使うこともできます。しかし、付属のダストバックは網目がそこまで細かくないため通気口から細かいゴミが出てしまうことがあるようです。そのため、私は高機能ダストバッグも購入しました(写真は付属の普通のダストバックです)。

サイクロンアタッチメント

サイクロンアタッチメントをつけると殆どのゴミがこちらに溜まるので、紙パックには殆ど溜まりません。細かなゴミを遠心分離します。ワンタッチではずせるのでゴミ捨ても容易。makitaを買うならこちらも買ったほうがいいと思います。

使用してみて

サイクロンアタッチメントをつけない状態と、つけた状態の目線です。20分程度でフル充電できるので、朝充電して、ぱぱっと掃除することもできます。

一人暮らしの人にお勧めしたい

これまでは箒、クイックルワイパー、アルカリ水を使用したタオルの掃除を中心にしていました。一人暮らしでは掃除機はそんなに必要でないと思っていました。しかし、ラグや敷布団、マットレスを綺麗にすることは容易ではありません。これが掃除機を買おうと思った一番のきっかけです。手軽にラグやマットレスを掃除することができて本当に本当に満足しています。じゅうたん用ノズルを買ったのは普段のノズルとマットレスや敷き布団用のノズルとを分けたかったからです。

マットレスや敷布団の掃除に関しては、重曹を軽く振り掛けて、8時間くらい放置してから掃除機で吸っています。重曹に柑橘系のアロマを2滴程度入れてかき混ぜ、ざる等で振り掛けると、布団の脱臭だけでなく、ほんのり爽やかな香りも付けることができます。これもいつか記事にしたいと思っています。本当に良い買い物ができました。それではまた。

by
関連記事