【賃貸DIY】作業机のDIY

こんにちわ。せなです。現在、間取り1LDKで一人暮らしをしています。これまでDIYとして、TVボードダイニングテーブル(1)・(2)を作ってきました。今回は寝室に置く作業机を作ってみました。

作業机の設計

大学生の頃から勉強やPC作業のデスクとしてkarimokuのスパイオユニット(モルトブラウン)を使用しています。天板や脚、棚をユニット毎に選ぶことができ、人や部屋に合わせた環境づくりが可能なデスクです。長く使うため良いものをと、全てで15万円程度でしたが思い切って購入しました。

今回作業机を作ろうとおもった理由は以下の二点です。

  • 大学を卒業し、地元の会社に就職したため、実家に帰る回数が増え、実家で使うデスクが必要となったため(karimokuデスクは実家用とする)
  • 就職してから、DIYや絵などを始めて、ボンドやワックス、のこぎりなどを使用しても大丈夫な作業机が必要となったため

設計思想

  • 作業机のサイズは部屋のサイズに合わせて横幅を広く
  • 座椅子で作業できるよう、テーブル高さは37 cm
  • 塗装はナチュラルテイストに

3Dモデルで設計を行ないました。テーブルに関しては人間工学的に最適な大きさが決まっています。テーブル高さの37 cmは無印良品のローテーブルの高さ35 cmを一つの参考にしました。横幅は部屋のスペースに合わせ230 cm、奥行きは50 cmとしました。

作業机の製作

設計図をもとに製作しました。木材や金具はホームセンターで、塗料や工具はインターネットで購入しました。使用した材料と塗料は以下の通りです。

  • 赤松集成材(作業机天板)
  • 赤松材6cm×6cm(脚用)
  • ダボ(穴隠し)
  • L字金具(脚の固定強度を上げる為)
  • ワトコワックス ナチュラル(透明)

完成図

大きな家具ですが塗装も含め2日で完成させることができました。ナチュラルテイストで木の温もりを感じることのできる机ができたと思います。作業机の椅子には天童木工の座椅子を使用しています。

まとめ

賃貸DIYシリーズ4つ目の作品でした。作業による傷や、ワックス、画材が染み付いて、この作業机が更に良いものになっていくのがとても楽しみです。そういった過程もDIYの面白さの一つです。製作の詳細は記載しませんでしたが、何か質問したいことがあったら気軽にSNSのほうによろしくお願いします。Twitterはsena(@selot0)、Instagramはsena(@selot0)です。

by
関連記事